FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
In the late 6th century, Prince Syotoku appeared in the political world of Japan.
6世紀後半、日本の政界に聖徳太子が現れました。
In those days Japan was politically unstable.
当時の日本は政治的には不安定な時代でした。
There were confrontations and conflicts among the influential clans.
蘇我氏や物部氏など有力豪族間では反目と争いが絶えませんでした。
Unlike kings or emperors in foreign countries, Japanese emperors don't have military power.
他の国の皇帝や国王とはちがい、日本の天皇は軍事力がありません。
蘇我氏 
They existed on the balance of power among influential military clans.
有力氏族の力のバランスの上に成り立っていたのです。
Prince Syotoku was at a loss what to do.
思うように政治ができず、聖徳太子は困り果てていました。
He would like to make a stable country with the emperor at the center of the state.
天皇中心の安定した国家をつくりたいと願いました。
In order to attain his ideal, he introduced Confucianism and Buddhist from China.
聖徳太子は動きます。目的達成のため中国の儒教と仏教を取り入れることにしました。
However, unlike King Clovis or the Sui dynasty in China, he didn't abandon the native religion Shintoism.
ただし、彼は、フランク王国のクロビスや随の貴族とは同じことはしませんでした。日本古来の信仰であった神道を捨てませんでした。
Shintoism is the native religion characteristic of nature worship and multi deity system.
神道と言えば、自然信仰であり、多神教です。
There are no founder, doctrine, sutra, or sutra.
創始者もいませんし、教義も経典も像もありません。
It came out spontaneously out of people's gratitude and fear toward nature.
自然に対する人々の感謝や恐れから自然発生的に生じたものです。
In this sense, it is a belief rather than religion.
そう言う意味では、宗教というより、信仰に近いものがあります。
稲作 
Rice cultivation was deeply related to Shinto. Shinto was an indispensable part in Japanese society.
稲作と信仰は深くかかわっています。神道は農業には欠かせないものでした。
He tried to established a new country on the basis of Shintoism, Confucianism and Buddhist.
こうして、彼は、神道、儒教、仏教を基盤に国家をつくろうとしたのです。



関連記事
スポンサーサイト
2016.12.06
コメント記入欄
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。