FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
風呂敷2

Furoshiki is a piece of square cloth, used to wrap things.
風呂敷は物を包むための正方形の布です。
It is very useful because it can wrap various shaped things and can be folded into a small size when not in use.
いろいろな形の物を包めますし、使わないときは小さく折り畳みできますから、とても便利です。
The oldest existing furoshiki is found in Shosoin Treasure House in Nara.
現存する最古の風呂敷は奈良の正倉院に収納されています。
So It is no wonder that it had been used earlier.
それより前にすでに使われていたのでしょう。
A picture on a folded fan in the Heian period has shown that women in those days wrapped their clothes in a cloth called hira-tsutsumi and carried it on their heads.
平安時代の扇子には、女性が着物を風呂敷に包んで、頭に乗せて運んでいる絵が描かれています。当時はひら包みと呼ばれていました。
The current word "furoshiki"  came to be used in the Muromahi period.
現在の「風呂敷」という言葉は、室町時代から使われるようになりました。
Ashikaga Yoshimitsu, the third shogun of the Muromachi period, built a large bathroom in his residence and invited many feudal lords to it.
三代将軍足利義満は、自宅に大浴場をつくり、そこに大名達を招きました。
They took off their clothes in the dressing room and wrapped them in a cloth.
大名は脱衣所で服を脱ぐと、家紋入りの風呂敷に包みました。
This came to be called furoshiki.
これが風呂敷の由来です。
Today, furoshiki isn't used too often.
今日、風呂敷はあまり使われていません。
But foreign visitors to Japan buy furoshiki as a souvenir  because it is light and handy, above all not so expensive.
訪日外国人は風呂敷をお土産に買います。軽いし、便利だし、何より値段も高くないからです。
関連記事
スポンサーサイト
2016.09.22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。