FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
jyan1.jpg  jyank3.jpg
Jyanken is a hand game and a means of deciding a matter. 
じゃんけんは互いに手を出し合って、ものを決める方法です。
Unlike tossing a coin,  janken is played by more than two people. 
コイン投げとはちがい、二人以上の人が参加できます。
Participants extend their hands all at once forming their hands in the shapes of rock, paper, or scissors. 
じゃんけんの参加者は、グウ(石)、チョキ(はさみ)、パー(紙)の形を手でつくって、同時に差し出します。
Rock crushes scissors, scissors cut paper, paper covers rock. 
石ははさみより強く、はさみは紙より強く、紙は石よりも強いです。
Janken is a zero sum hand game. 
じゃんけんは、どちらかが勝ちどちらかが負けるゲームです。
The current janken practiced in Japan originated in the Edo period. 
現在のじゃんけんは江戸時代に出来上がりました。
Some people say that in the Meiji era, when Japan came into contact with foreign countries, janken was introduced into Europe and America with other Japanese cultures. 
明治時代に海外との交流が活発になって、じゃんけんが日本文化とともに海外に広まった、という説もあります。
However, people practiced various hand games similar to janken in the ancient time around the world.
しかし、じゃんけんに似たゲームは、昔から世界の各地にありました。
In this sense, it follows that the root of janken lies anywhere in the world.
こう考えると、じゃんけんの起源は世界中にあるということになります。 
関連記事
スポンサーサイト
2016.07.26
コメント記入欄
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。