FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
noh.jpg  nohh.jpg
Noh and Kyogen are each one of the traditional Japanese theatrical art performances.
能と狂言は、日本の伝統的な舞台芸能のひとつです。
Both of them are performed to the accompaniment to the traditional classical music.
ともに、古典音楽の伴奏にあわせて演じられます。
Noh is compared to an opera in the Western society.
能はオペラにたとえられます。
There are various theories about the origin of noh and kyogen, but it is generally believed that they originated in shrine rituals in the Nara period.
 諸説ありますが、ともに奈良時代の神事にさかのぼるのではないかといわれています。
In the Heian period, ritual music and dancing(dengaku) and theatrical folk entertainment(sarugaku) were performed. 
平安時代には、田楽と猿楽が登場しました。
Later, dengaku evolved into noh while sarugaku evolved into kyogen.
その後、田楽は能、猿楽は狂言という形で発達しました。
Noh and kyogen were perfected by Kanami and Zeami in the 14th century in Nara.
14世紀、室町時代に観阿弥と世阿弥によって完成されました。
Kyogen is usually performed between the acts of noh plays to lighten the atmosphere.
狂言は能の演目の間に、場の雰囲気を和らげるために演じられます。
While noh contains serious tragic elements, kyogen deals with the comical situations of the general public.
能は厳粛で暗い側面がありますが、狂言は庶民の滑稽な場面を扱っています。
Both of them were originally dedicated to the god, so the performances are considered to be a kind of purification.  
ともに神事から出発していますから、舞にも笑いにもお清めの意味があります。
In playing noh, performers usually wear wooden masks, but kyogen is often performed without masks.
能は原則能面をつけますが、狂言の場合、面をつけないでやることが多いです。
It is featured by stylized performance, unique vocalization and music, and elaborate costumes.
様式化された演技、独特の発声、手の込んだ衣装が能の特徴です。
Noh isn't popular as it used to be, but still has many fans as a traditional art performance.
能は、かつてほどの人気はありませんが、伝統芸能として今日もなお多くのファンをかかえています。
In noh, shite plays the leading role and waki plays the supporting role.
In kyogen, shite plays the leading role and ado plays the supporting role. 
能では主役はシテ、脇役はワキと呼ばれ、狂言では主役はシテ、脇役はアドと呼ばれます。

関連記事
スポンサーサイト
2016.07.23
コメント記入欄
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。