FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
0mura.jpg 0murax.jpg
The Tale of Genji was written by a noblewoman, Murasaki Shikibu, in the 11th century.
源氏物語は11世紀に、貴族出身の紫式部によってつくられました。
It was the first novel written by a female writer in Japan and some people say that it was the world's first novel. 
女性作家によって書かれた最初の小説です。世界の最初の小説と言う人もいます。
The novel describes the lifestyles of high-ranked aristocrats, so we can have an idea how they spent their days.
源氏物語では、当時、高級貴族がどのように暮らしていたのかが描写されています。
In this sense, the novel is considered a precious source of information of the days.
そう考えると、この小説は当時を知る貴重な情報源ともいえます。
In 11th century, many female writers suddenly appeared.
11世紀に、女性作家が次々に現れました。
This is because a new writing system using kana(phonetic symbol) was established.
これは、仮名などを使った新しい表記法ができたためです。
Kana is easier to write than Chinese character. It must have stirred women's creating desire.
仮名は漢字よりも書きやすいです。きっと女性の創作欲を刺激したのでしょう。
Until then writing was men's work.  All literature was written by using  Chinese character. 
それまでは、すべて漢字で書かれていましたから、女性の出番はなかったのです。
Many female writers greatly contributed to Japanese literature by writing essays, diaries, or novels.
随筆、日記、小説など、女性作家は日本の文学に多大の貢献をしました。
Perhaps, the Heian period was the first era that Japanese women asserted themselves.
平安時代は、日本人女性が自己主張した最初の時代ではないでしょうか。



関連記事
スポンサーサイト
2016.07.15
コメント記入欄
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。