FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
浴衣4 
Now you have tap water services almost everywhere in Japan.
日本では、ほぼどこに行っても、水道水が使えます。
Whenever you want to, you can take a bath.
いつでも好きな時に風呂に入れます。
Today's topic is yukata, a traditional casual summer kimono.
今日、取り上げる話題は浴衣です。
浴衣3 
Yukata became widespread among common people in the Edo period.
浴衣は江戸時代に庶民の間で広がりました。
You may wonder why yukata is related to taking a bath.
浴衣とお風呂に何の関係が・・・そう思うかもしれません。
In the old days, few people had a bathtub in their houses.
大昔、家に浴槽がある家はほとんどありませんでした。
People carried water from wells and rivers and then warmed it before poring water over themselves to clean their bodies.
井戸や川の水を家に運んで温め、それを身体にかけて清めました。
浴衣5 
Of course, there was no dressing and dressing room.
Women didn't want their naked bodies to be seen, so they poured water over their bodies after wearing a plain kimono.
脱衣所も浴室もありません。女性は自分の裸身を見られてはなりません。簡素な着物を一枚、身体にはおってからお湯を浴びたのです。
This is the origin of today's yukata.
これが浴衣のはじまりです。
It must have been the last desire to take a bath in a bathroom.
ちゃんとし浴室に入れるなど、夢のまた夢だったにちがいありません。
Poor as they were, people in the Edo period could spend peaceful days thanks to no war, their lives gradually better.
江戸時代になると平和のおかげで、貧しいながらも、生活は少しづつ良くなりました。
Public bathhouses appeared.
銭湯も登場しました。
Dressing and bathing space were secured and separated from other spaces. This was helpful for women.
脱衣所も洗い場が確保され、他の場所と区別されたので、女性は助かりました。

Yukata, which started as a bathing outfit, began to be worn after taking a bath sooner or later.
入浴の際に用いられた浴衣は、やがて入浴後に着られるようになりました。
 Yukata reminds us of the old days when common people lived a simple, but happy life.
浴衣は、昔の人たちの清貧な、けれど幸せな日々を思い出させてくれます。

スポンサーサイト
2016.06.27
足袋 下駄

Zori and geta are traditional Japanese footgear.
草履と下駄は日本の伝統的な履物です。
When wearing a kimono,  Japanese people put on zori or geta.
日本人は着物を着るとき、草履か下駄をはきます。
Zori are Japanese sandals with a flat sole.  The zori or gets thong  is gripped between the big toe and the second toe.
草履は和式サンダルです。底が平らになって、親指と人差し指の間に鼻緒を通してはきます。
There are various kimonos, but when wearing a formal kimono, you wear zori.
いろいろな種類の着物がありますが、礼装用の着物を着るときは草履をはきます。
Geta are a pair of wooden clogs.
下駄は木靴といえばいいのでしょうか。
Unlike Western clogs, geta have a thong and a sole with two raised wooden supports. 
ただ欧米の木靴とちがって、底が二本の木台で支えられています。それに鼻緒もあります。

Geta are casual footgear. Therefore, they go with an informal wear  such as yukata. Japanese people don't wear geta when they wear a formal kimono.
下駄はふだん着で着用するものですから、浴衣などくつろいだ和装に合います。
礼装のときには下駄ははきません。
When you visit Japanese-style inns in hot spring resorts, you will be able to see many guests walking in yukata.
温泉地の旅館に行ったときには、下駄と浴衣姿で歩いている宿泊客を見かけることでしょう。
Tabi are Japanese socks which are worn with kimono.
足袋は、着物を着るときに着用する和製ソックスです。
The toe part of tabi is separated into two, one for the big toe and the other for the rest of toes. 
つま先の部分が親指用と、他の指用に二つに分かれています。
Tabi match zori and geta.
下駄でも草履でもどちらにもはくことができます。




2016.05.25
紋付 
From time to time women walking in kimono are seen on the street, but we seldom see men wearing kimono.
街を歩いていると、時おり和服姿の女性を見かけます。が、和服姿の男性を見ることはまずありません。
For men, kimono may be not easy to move and takes time to wear.
何かと忙しい男性にとって、和服では動きづらく、また着るのにも時間がかかるかもしれません。
Those who values utility are reluctant to wear ceremonial dresses.
実用性を重んじる人には和服は不向きなんでしょうか。
It seems quite natural that kimono becomes out of fashion as time goes on.
時がたつにつれて和服の存在感がなくなったのは仕方がないことなのでしょうか。
During the Edo period, the custom of wearing montsuki, haori, and hakama  became common and they were regarded as  a formal costume for people of samurai society.
江戸時代、紋付、羽織、はかまを着る習慣が定着しました。武士社会はそれが正装でした。
Montsuki is a kimono with a family crest.
紋付とは家紋の入った着物のことです。
Haori is a short coat with a family crest which is worn over a montsuki.
羽織は同じく家紋の入った短いコートで、紋付の上から着ます。
Kamishimo was sometimes worn instead of haori.
羽織の代わりにかみしもを着ることもありました。
Hakama is loose trousers with many pleats in the front.
はかまは、前がプリーツになった裾がゆるやかなズボンです。
I think you would probably see a seppuku ceremony on television.  
テレビで武士が切腹する場面が出てきます。
At that time samurai sits erect wearing a formal outfit.
そんな場面では、武士は必ず正装して着座します。
In the Edo period, one's clothes were regulated according to the status of the feudal class system.
江戸時代は身分制度がありました。階級に応じて着る服も決められていました。
Only the people of samurai class were allowed to wear hakama.
はかまの着用が許されたのは武士だけです。



2016.05.25
留袖 振り袖

Kimono is the traditional Japanese costume with wide sleeves, usually worn by women.
着物は袖の長い、日本の伝統衣装で、普通は女性が着用するものです。
It is worn with a sash called obi tied around the waist.
腰に帯を巻いて締めます。
People had worn kimono up until the Edo period.
江戸時代までは日本人は着物を着ていました。
But in the Meiji period, with the spread of Western culture practices of wearing kimono have become out of fashion.
しかし、明治時代になって、西洋の文化が日本社会に広まりだすと、着物を着る習慣はすたれました。
Today, kimono is worn on special occasions such as wedding ceremonies, funerals, Coming-of-aged day, the first visit to shrines or temples.
今日では、結婚式、お葬式、成人の日、初詣など特別な日に着られるだけです。
There are various kinds of kimono, but like Western clothes, people wear kimono depending on the situations.
いろいろな着物がありますが、洋服と同じように、目的に応じた着物を着ます。
Tomesode is a formal black costume worn at a wedding ceremony. 
It is worn by married women. 
とめ袖は既婚婦人が着る礼装で、結婚式に着ます。
Furisode is a formal wear for unmarried women. 
振り袖は未婚の女性の礼装です。
Both of them are made of silk, so very expensive.
とめ袖も振り袖も高価です。
Considering the rare frequency of use, they are considerably more expensive. 
着る回数を考えると、さらに割高感を感じます。
Yukata is a casual summer kimono, which is worn at summer festivals and fire works displays. 
浴衣は夏に着る普段着です。夏祭りや花火大会などに着ます。
Here is an episode.
こんな話があります。
When the former U.S. Ambassador to Japan Reischauer was in his country, two Japanese female students were invited at his residence.
元駐日大使ライシャワーさんがアメリカにいたとき、日本の女子大生が自宅に招かれました。
Students didn't afford to buy formal wears, and they went to his house in yukata.
学生です。お金はありません。着るものがなかった彼女たちは浴衣を着て出かけました。
His wife is Japanese. At the sight of the two college students in yukata, Mr. Reischauer greeted them with a warm smile.
奥さんは日本人であるライシャワーさんは、にっこり、二人を温かく迎えてくれたそうです。










2016.05.24
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。